車検の見出し
ケーアイサービス

車検専門ケーアイサービスは過剰整備一切なしで安心!外装キズチェック&保険加入で更に安心!
カード分割クレジット
詳しくはこちら
代車無料 引取納車無料

CONTENTS
藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の車検
藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉のユーザー車検
横浜市(港南区 戸塚区 泉区 栄区)の車検
車検の流れ
車検について
予約方法
用意するもの
名義変更・住所変更・車庫証明
車検に際よくある工賃・追加整備
口コミ・評判
逗子・寒川・伊勢原の車検
藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の廃車
湘南の中古車買い取り・オークション
湘南のお勧め板金修理
車検Q&A
車検コラム
車検を一番安く、しかも賢く済ませる方法教えます。車検の裏話も掲載中!

車検について

わかっている様でよく判らないのが車検。車検と点検は全く違います??? 無知は騙される元。この際疑問点は解消しておきましょう。

車検とは法定2年点検、24ヶ月点検ユーザー車検とは車検を安くすませるにはユーザー車検代行ディーラー車検の方が安心?車検に受からないのはこんな時予備検査料とかテスター代って何?車検終了後一週間で故障!?消耗品についてちょっと一言

車検とは

そもそも車検とは、簡単にいえば車を陸運局(自動車検査登録事務所) に持っていき、この車は公道を走ってもいいですよ、と国から許可を貰う事なのです。 ここで注意して頂きたいのが車検とは道路を走る上での最低限の基準を満たしているか を国が検査するもので、車の安全性を点検、保証するものではないという事です。 言い換えれば、車検に通ったからといって不具合個所がない、 という訳では決してありません。


法定2年点検、24ヶ月点検
上に書いたように、陸運局での検査(車検)では許可を出すという意味合いが強く、 その車の安全性については詳しく検査しません(物理的に出来ません)。 そのため国は「車検の前あるいは終了後に使用者が自らの車を詳しく点検しなければならない」 という法律を定めているのです。 車検ごと(2年ごと)に行うので、法定2年点検とか法定 24ヶ月点検と呼ばれています。(更に車検終了一年後に行わなければならない 法定12ヶ月点検というのもあります)


ユーザー車検とは

しかしこの24ヶ月点検、ある程度車に詳しい人でないと 自分ではなかなか出来ません。また陸運局での検査(車検) を受けるにもちょっとしたコツがあり、こちらも決して簡単とは言えません。 そのために整備工場やディーラーがこれら2つの作業を代行するのが 一般的でした。いわゆる「代行車検」です。 しかし最近では車検を少しでも安く済ませようと、自分で24ヶ月点検を 行い陸運局に車を持ち込んで車検を受ける人が増えてきました。 車の持ち主(ユーザー)が自分で車検を受ける事、これがユーザー車検 です。

ユーザー車検の場合ですが、近頃の車の部品耐久性向上に加えて 24ヶ月点検を行なう前に車検を受ける事が可能となった95年法改正以降、 点検整備を全くしないで車検だけを 通すいわゆる「素通し」のユーザーがここ湘南でも増えているのが現状です。 法定点検を行なわなかったからと言って特に罰則等がない事も 増加の原因の一つですが、いずれにせよ何かあっても自己責任、という事です。 ちなみに車検の前に24ヶ月点検を行わなかった場合陸運局より右の様なアンケートハガキが届く場合があります。 加えて平成26年2月より車検証左下備考欄に点検整備実施の有無が記載される様になりました。


車検を安く済ませるには

一昔前は車検といえば毎回20万円近くかかる、というのが当たり前でし た。全てという訳ではありませんが、人々が車検に対して無関心 だった事により悪質なディーラーや整備工場による過剰整備や不法な 諸費用の上乗せが横行していたのです。現在でも、少なくなっては いますがここ湘南でも未だにその様な業者が存在することも事実です。

しかし車検について理解すればこんなに得をします。 一番安く済ませる方法は、先ほど書いたように車の使用者が自ら 陸運局にお車を持ち込んで検査を受ける、という 「ユーザー車検」を行うことです。そうすれば、かかる費用 は、自賠責保険料、重量税、印紙代、書類費用くらいです。 車両重量が1t未満のカローラクラスの乗用車なら総額でも6万円前後で済みます。 ただし必ず検査の前後に法定24ヶ月点検をご自分で行って下さい。 不具合箇所がみつかればご自分または工場にて修理を行います。


ユーザー車検代行

特に不具合個所も無いので今回はユーザー車検をしたい、 けれども陸運局は土日祝は休みなので自分で行く時間なんか無い、 という方の為にお勧めなのがユーザー車検代行です。 これは24ヶ月点検や整備は基本的にユーザーにお任せし、車検(陸運局での検査)のみを 代わりに受けて来る、というものです。そのため所要時間も 驚くほど早く、2~3時間で終わる場合もあります。 但し料金体系やサービス内容は業者によって様々なのでじっくり比較検討 した方が良いでしょう。 因みに車検ですが、車検を受けるだけでしたら全国どこの車検場でも受けられます。 神奈川県には横浜、湘南、相模、川崎の4か所の車検場がありまので湘南車検場に近い寒川や伊勢原にお住いの方はご自分でのユーザー車検も便利ですが、 鎌倉や逗子にお住いの方にはどこの車検場も遠いですのでユーザー車検代行業者に頼んだ方が良いかもしれません。


ディーラー車検のほうが安心?

ディーラー車検も整備工場の車検も必ず国の認証を得ている工場にて 法定24ヶ月点検を行います。 ユーザー車検と基本的に違うのはこの部分です。 業者による代行車検の形態も今では様々ですが、24ヶ月点検を認証工場にてしっかり行う のであれば内容は基本的にディーラー車検と同じです。 ちなみにこの24ヶ月点検を認証工場で行った場合、 フロントガラスの左端上部に点検を行った工場の認証番号の入った 丸いステッカーが貼られます。

ところでディーラー車検は高い!というイメージがありますが、その理由の一つとして まだ使えそうな消耗品や部品であっても車検の際に必ず交換してしまう、という事 が挙げられます。 その他作業工賃や部品代も一般の整備工場に比べると 割高なのでそのようなイメージがあるのでしょう。 ブランド品のネームバリューといった所でしょうか。


車検に受からないのはこんな時

一番多いトラブルは、ドライブシャフトのブーツが破れている場合。 ドライブシャフトのブーツとは、車の 駆動軸(ミッションとタイヤを連結している棒)のジョイント部分を覆っている ジャバラ状のゴムのパーツで、中にグリースが充填されています。ブーツが破れて しまうと中のグリースが外に飛び散ってしまい、放っておくと重大な故障に つながる恐れがあるためそのままでは車検には通りません。 しかもリフトアップしないと見えにくい所にあるので 車検の際まで気が付かないで乗ってしまっている場合が多いです 写真。 修理も予想以上に大変な作業となるため、時間とお金が結構かかります。 走行5万キロ以上の四駆やFF車は事前に点検しておいた方が良いでしょう。
同じような部品でステアリングラックブーツというものがありますが、 こちらも同様に破れていると車検に通らないので注意が必要です。
また18年10月よりメーター警告灯検査が始まりました。 シートベルト警告灯やエアバッグ警告灯など正常に点灯しなければ車検に受かりません。


予備検査料とかテスター代って何?

なにもしないでそのまま車検場の検査ラインに入っても、サイドスリップ やライトの光軸検査で落ちてしまう事がよくあります。 そうなってしまった場合は車検場近くの予備検査場に持ち込んで 調整してもらいます。予備検査場には車検場の検査ラインと ほぼ同じ検査機器類があり、言ってみれば「車検のリハーサル」をする ところです。 最初からいきなり「本番」でももちろん良いのですが、 落ちてしまった場合は再調整した後に再び検査を受けなくてはなりません。 車検場が混んでいる時などは時間的にもかなりのロスとなりますので当社では 予備検査料やテスター代をあらかじめ諸費用としております。 光軸やサイドスリップは通常走行でも狂いが生じますので、1ヵ所につき数千円の再調整料が それぞれ加算されて結局は支払い総額が高くついてしまった、などの話もよく耳にしますが弊社では 再調整料は一切頂いておりません! 更にスモールやウィンカー、ブレーキ球が切れていた場合の交換及びヘッドライトの光度が足りない場合のレンズ磨きもサービスさせて頂いております! 「何だよ結局高いんじゃん!」という事がない様に最大限努めております。


車検終了後一週間で故障!?

何度も申し上げましたが車検とはその車が道路交通法に適合しているかを 検査するものですので、車検に通ったからと言って不具合が無いと安心しては いけません。例えばブレーキパッドが1ミリしか残っていなくても車検の際に ブレーキが効けば車検には通ります。エンジンオイルが真っ黒でギトギトだったり 量がカラカラでも車検には通るのです。その為車検終了後すぐに故障した!という 話はよく聞く話です。
何千何万という部品が精密に組み合わさって作られている車ですから、普段いくら点検を していても『絶対に壊れない』などと言う事はありませんが、日常点検や法定点検、 適切な消耗品交換を行なっていなければその確率が跳ね上がる事は想像に難しくありません。


消耗品について

消耗品を交換しなくても大丈夫な車はありませんが、逆に交換しすぎると言うのも問題です。 一昔前は車検の際にあらゆる消耗品を片っ端から交換してしまうディーラー や整備工場が数多く存在しました。また最近でも、最初の車検なのにブレーキホースや タイミングベルトまでも交換された、と言うお客様の驚くべき話を耳にする事があります。 なんでもかんでも車検の際に交換し、交換したものは全て捨ててしまう… これでは会社の利益は上がっても間違いなくお財布と地球には優しくありません。 消耗品は出来るだけ寿命一杯まで使ってあげる、という 気持ちが今の時代には大切な気が致します。

適切な消耗品の交換サイクルについては こちらを参照して下さい。

ちょっと一言

整備工場やディーラーに任せっきりで無関心、無責任という時代はそろそろ 終わりを告げ、今後はアメリカ等の様にユーザーの自己責任において愛車管理を 行なうという流れが一層強まって来るでしょう。最終的には車検制度そのものが 無くなって行くかも知れません。しかしそのような方向に転換して行く事で、 ユーザー自身もますます愛車の現状というものに目を向ける事となり、 その結果お車に対してより一層の愛着が湧いてきて、 消費社会のこの時代、苦労して手に入れた愛車を大事に末永く 可愛がるという事にもつながってくるのではないでしょうか。

当社は、点検や整備もご自分で出来るところは積極的に行ない 手に負えないところはプロに任せる、というスタンスに基づいて 様々な選択肢をご用意し、経済的で快適な車社会を送って頂ければと願っております。 それぞれのお客様に応じた的確なアドバイスはもちろん致しますが 基本的にユーザー様のご意見を第一に尊重し、 全ての皆様にご満足頂ける様に頑張って行きます。 どうぞよろしくお願い致します!!

合わせてケーアイサービス車検についてのQ&Aはこちらをご覧下さい。





藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の車検 藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉のユーザー車検 横浜市(港南区 戸塚区 泉区 栄区)の車検 車検の流れ 車検について 予約方法 用意するもの 名義変更・住所変更・車庫証明 車検の際によくある工賃・追加整備 口コミ・評判 逗子・寒川・伊勢原の車検
格安板金塗装湘南の廃車湘南の車売却車検Q&A車検コラム車検の裏話 
Copyright (C) 車検専門ケーアイサービス All Rights Reserved.サイト内の無断複製・転用を禁止致します