車検専門ケーアイサービスの車検コラム


電気式サイドブレーキ

整備情報

新しい車に多くなってきた電気式のサイドブレーキ。従来の様にレバーをグイッと引っ張ったり足で踏んだりせずにボタン一つでサイドブレーキが掛けられます。 ただしこのタイプのサイドブレーキは、ブレーキパッド交換の際に車専用のコンピューターを繋いでサイドブレーキの位置を戻さなければブレーキパッドの交換が出来ない仕組みになっているのです。

最近の車は様々な個所の電子化が進んでおり運転者にとっては非常に楽になって来ておりますが、反面整備する方にとってはなかなか大変になってしまうかもしれません。 また一度システムが壊れたら修理代もかなり高額になってしまいそうですね・・・



ニッサンモコ

整備情報

本日車検で入庫のニッサンモコ。走ると何やらエンジンルームからカタカタと異音が・・・ 結構大きな音なのでエンジンのトラブルか?と思いボンネットを開けると、何のことはありません。このエアを取り込む吸気口を固定するグロメットが外れて振動しているだけでした。 音の割には何てことはないトラブルでした。

それともう一つ、エンジンオイルをチェックしようとすると案の定ゲージを引き抜く取って(黄色い部分)が折れてしまって指がかかりません。 これもモコのあるあるです。メーカーさん、もう少し丈夫に作って頂けませんでしょうか・・・宜しくお願いします。



ロアアームボールジョイントのガタ

整備情報

本日ユーザー車検代行で入庫の軽トラックですが、お客様のご希望で1本だけタイヤ交換をしてほしいとの事。 通常タイヤは左右ほぼ均等に減るので、片側1本だけ交換することはありません。 しかし本当に左前のタイヤのみツルツルになっておりました。

走ってみると何やら左前からゴトゴトと異音が!これはもしや・・・ 案の定左のロアアームのブッシュにガタがでておりタイヤがきちんと固定されていません。その為このタイヤだけすり減ってしまっていたのです。 ロアアームはタイヤの下側を固定している重要部品です。万一外れてしまうとタイヤがプラプラになっていしまい、特に高速走行中等は大変危険です。

この状況でも車検には通ってしまいましたのでお客様には早急な整備が必要な旨お伝えし一旦納車させて頂きました。 ユーザー車検ばかりで点検をしていない、足回りから異音がする、タイヤが1本だけ減っている、そんな方は是非一度点検整備してください。 車検に通ったからと言ってそのまま乗り続けるのは大変危険な場合もあるのです。



アルファードのパワステオイル漏れ

整備情報

本日入庫のアルファードのお客様。突然ハンドルを切ると唸り音がし始めしばらくするとハンドルが急に重くなってしまったそうです。 車を降りて下を除くと何やらオイルがボタボタ・・・任意保険のレッカーサービスにて入庫致しました。

点検したところ案の定パワステホースが破れてしまっておりした。この年代のアルファードやエスティマによくあるトラブルです。 数あるパワステホースのうちなぜかこのホース(画像)が破れてしまうことが多いです。

設計に問題があるのか、それともこのホースを作っている下請け工場に原因があるのか理由は定かではありませんが、とにかく不思議です。



LEDヘッドライト

車検情報

本日車検場持込みコースのフォルクスワーゲンパサートのお客様。新車一回目の車検ということもありすんなり通るかと思いきや、ヘッドライトの光軸検査で落ちまくってしまい結局2時間近くかかってしまいました。

実は最近多く採用されている純正LEDヘッドライトですが、この様なトラブルが多くなっております。 予備検査場のテスターは最新式を採用しているので問題ないはずなのですが、車検場のテスターが古くうまく対応出来ていない様です。 純正LEDヘッドライト装着のお車はお持込み頂く際はご注意ください。しばらく悩みの種になりそうです・・・



法定点検の時期

車検情報

ユーザー車検で車検を受けた場合、法定点検はいつまでの受けなければならないのでしょうか。 車検は○月○日まで、と正確に期日が車検証に記載されておりますが、法定点検の期日は明確には記載されていません。

実は法定24か月点検は車検『前後』、法定12カ月点検は車検から12カ月『前後』に行う様に決まりがあるのですが、この『前後』の解釈があいまいです。 人によっては1週間と思うかもしれませんし、3か月と思うかもしれません。

陸運局に問い合わせた所回答もあいまいで、『前後』はあくまでも『前後』との事でした。 私の個人的な解釈では車検ご3か月以内が妥当かと思いますが、何れにしましても早めに受けた方が良いのは間違いありません。



ラジエター水漏れ

整備情報

本日入庫しましたアルファードですが、ラジエター液のリザーブタンクが空になっていました。 詳しく調べたところ上からでは確認しづらいラジエター下部(写真左下)が腐食して液漏れしておりました。 この様にラジエター液は通常自然に減る事はありませんのでもし減っていたら詳しく点検する必要があります。 万一空にしてオーバーヒートを起こしてしまったらエンジンがダメになる確率が高くなります。 そうなると修理代も何十万ですのでご注意下さい。



車検は満了日の1か月前から

車検情報

お仕事の都合で海外へ行かれる事が多いお客様からお問合せを頂きました。 車検満了日が1月31日なのですが年明け早々から2月まで海外出張でご不在との事。 2月に戻った際に車検が切れているのは困るので12月中に車検を受ける事が出来ないか、とのお問合せです。

基本的に車検は満了日の1か月前から受けることが出来る旨記載しておりますが、実は1か月以上前でも受けることは出来ます。 その場合どうなるのかと申し上げますと、車検満了日が1月31日で、例えば12月28日に車検を受けた場合乗用車ですと次回満了日が2年後の12月27日となります。 満了日の一か月以内(例えば1月7日)に車検を受けた場合は次回満了日は2年後の1月31日のままですので、一月少し有効期間が短くなる計算となります。

これを損と捉えるかはお客様の状況次第、という事になりますが、決して車検を受ける事が出来ない訳ではございませんのでお承知おき下さい。



ボールジョイントブーツ交換

整備情報

本日ご依頼頂きましたアルファロメオのお客様。 他社へ車検見積り依頼をしたところボールジョイントブーツが破れているので車検に通らない、 追加の見積りはボールジョイントごの交換で18,000円!車検に通らなにので修理必須との事・・・

予算オーバーなのでインターネットでお調べ頂き弊社へお問合せ頂きました。 弊社では通常アッセンブリー交換となってしまう外車のボールジョイントやタイロッドエンドも独自仕入れルートによりブーツのみの交換が可能。 その場合工賃部品合計で片側3,500円!しかもヒビのみの場合は補修(無料!)にて車検を通す事が出来ます。

おまけに今回のお客様のアルファロメオ、弊社で改めて点検しました所車検不合格と言われたボールジョイントブーツにはひび割れ一つありませんでした。 いくら価格競争の厳しい車検業界とは言っても、嘘を言って交換を勧めるのは言語道断。はっきり言って詐欺です。皆様どうぞ基本料金の安さだけに騙されないで下さい!



他県からの持込み車検

車検情報

本日は千葉へ引っ越した旧友がわざわざ車検の為に湘南車検場まで自家用車を持ち込んでくれました。 お昼ごろに待ち合わせし、昔話に花を咲かせながら車検を通しました。比較的空いており所要時間は約20分でした。

県外ナンバーの車検ですが、有効な納税証明書があれば全国どこの車検場でも車検を受けることが出来ます。 弊社の 湘南陸運局持込割引コースなら日本全国どこにお住いの方でも湘南へのドライブがてら車検を受ける、なんてことも可能ですので是非是非ご利用下さい。



法定24か月点検

車検情報

よくお客様より「法定24か月点検は受けないといけないのでしょうか?」というご質問を受けます。 答えとしましては、「法定なので受けなければいけません」。

しかし24か月点検以外でも受けなければならない法定点検は色々ございます。 車検から約1年後に受けなければならない「12か月点検」や、普段定期的に行わなければならない「日常点検」もそれです。 皆様上記の点検もきちんと行っていますでしょうか?

大半の方が「行っていない」のが現状ではないでしょうか。しかしこれらの点検も「法定点検」の為本来法律で義務付けられている点検です。 ですが行っていないからと言って罰金を支払ったり御咎めがあったりはありませんよね?

法定24ヶ月点検もそれと同じでなのですが、だからと言って全く点検しないのは事故の元です。 日常点検を行っていない方はせめて12ヶ月点検を、12ヶ月点検を行っていない方はせめて24ヶ月点検を、必ず行ってください。 ご自分で出来ない方はもちろん専門の業者へ依頼する事も可能です。ただしその場合は国の許可を得た「認証工場」へのご依頼をお間違いなく。



オートマッチックフルード(ATF)交換について

整備情報

オートマチックフルード(ATF)交換はした方が良いのですか?というご質問をしばしばお受けします。 お答えとしましたは、交換するに越したことはありません。

しかし10万km近く未交換で初めて交換する場合は逆にお勧めは致しません。 これはオートマチックは複雑なオイル回路を有する非常にシビアな部品で、長年交換していなかった場合オイル回路にスラッジ(カス)が溜まってしまっており交換する事によってこのスラッジが巻き上げられて別の回路に詰り不具合を起こす可能性があるからです。

5万km以内毎に交換する場合は定期的に交換する事をお勧めしますが、申し上げた通りシビアな部品ですので出来ればメーカー純正のオイルを使用した方が間違いありません。 弊社を含めて多くのメーカーの車種を取り扱う業者の場合実はメーカー毎のオイルを仕入れるのは困難で、一般的な汎用のオイルを使用している為粘度などが純正と若干異なりる場合がございます。 その為汎用性の効くエンジンオイルやブレーキオイル等と違ってオートマチックオイルに関しては出来ればディーラー(メーカー)での交換をお勧めします。

ただし定期的に交換しても壊れる時は壊れます。逆に20万km一度も交換していないお客様で未だに不具合が無い方もいらっしゃいます。 外車等の場合は始めから交換出来ない設計の車もあるくらいです。

私個人的な見解としましては、新車購入後5万km以内に一度交換し、その後は壊れるまで未交換という流れが経済的な観点からも良いかと思います。



ヘッドライト黄ばみ

車検情報

今年6月よりヘッドライトの検査が厳しくなりました。 それに伴いヘッドライト表面の劣化による光度不足の為不合格となる車両が頻発しております。

弊社では車検に通らない場合のヘッドライト磨きはサービスにて行っております。 ただし手作業での簡易研磨ですので見た目と持ちはそれ程良くはありません。

有料とはなりますがご希望により機械での研磨及びヘッドライトコーティングも承っておりますのでご希望の方はご相談下さい。

BMW DSC警告灯

車検情報

本日お預かりさせて頂きましたBMW X5ですが、残念ながらDSC警告灯が点灯しておりました・・・ DSCとは、欧州車では必須の横滑り防止装置の略で、メーカーにより呼び名が異なりますが要は不測の事態に車両が不安定な状態になった時に、 瞬時にコンピューター制御により車両を横滑りさせないようにしようとするシステムの事です。

この警告灯が点灯している場合はそのシステムが何らかの原因により故障している事を示しています。 しかも修理するにはメーカー修理で数十万円の出費! いくら高級車なので維持費が高いとは言え、これは厳しいですよね。 また平成30年2月より警告灯が正常に点灯・消灯していないと車検を受けることが出来なくなってしまいましたが、これも修理しないと車検を受けられないのでしょうか・・・ そんな方は一度弊社へご相談下さい。



車検切れについて

車検情報

うっかり車検が切れていませんか?お引越しなどされた場合は前回車検を受けた業者から通知が届きません。 もちろん国や警察などの公共機関からも車検が切れる旨の通知や案内は来ません。念の為車検証左下に記載の車検有効期間をご確認下さい。

因みにフロントガラスに貼ってある丸いステッカーは法定点検の期日ですので車検の期日とは異なります。 必ず中央の四角いステッカーか車検証にて確認してください。万一切れていた場合は即弊社宛ご連絡下さい。 弊社にて仮ナンバーを手配の上引き取りにお伺い致します。お客様にて動いて頂く必要はございません。 そのまま運転すると重い罰則が待っていますのでご注意ください!



フォルクスワーゲントゥアレグの水漏れ修理

整備情報

今回お預かりさせて頂きましたフォルクスワーゲントゥアレグ。助手席のワイパーが動かないのと雨の際に助手席に水が浸入するとの事。 水漏れは良くある話ですが助手席のワイパーのみ動かない事例は今までありませんでした。

とりあえずワイパーリンクをチェックすべくバラしましたがチョットマッテ!よく見ると助手席のワイパーの付け根のナットが緩んでいるではありませんか! 増し締めすると問題なく作動しました・・・

この調子で水漏れもチェックしましょう。助手席のタイヤハウスをバラすと、サンルーフからの雨水を逃がすゴムのドレーン(排水溝)が見えてきます(写真)。 取り外してチェックすると、案の定ゴミが詰まっておりました。

綺麗に掃除して取付た所、うまく水が流れる様になりました。どちらも意外と安上がりで済みお客様も大満足でした。



タイヤはみ出し基準についての補足

車検情報

先日お伝えしましたタイヤのはみ出し基準についてですが、あくまでもタイヤ部分のはみ出しに関しての話です。 ホイール等の金属部分は少しでもはみ出していたらNGとなります。

例えば太いホイールにホイールより細いタイヤを引っ張って装着している場合。 この場合タイヤ側面のゴム部分よりホイールのリム部分の方が外に出っ張ってしまいますので、 フェンダー部分から重りのついた糸を垂らしてホイールリムに接触すれば車検不合格となりますのでご注意下さい。



バスの定員変更

車検情報

本日は幼稚園バスの定員を減らして中型免許で乗れるようにして欲しい、との珍しい案件のご依頼を頂きました。

何でこんな事をするのかとお尋ねしたところバスの運転手が不足していて求人募集をしたのですが、大型免許を持っている方が現れず止む無く普通免許(平成19年以前に取得された方)で乗れる中型車に変更したいとの事でした。

バスの規定は乗車定員大人30人以上は大型、29人以下は普通となります。そこで座席数を減らす構造変更をするのですが、子供用の座席は3人分で大人2人と計算されます。 この幼稚園バスは運転手以外に大人2人の座席があり、子供用の座席が49人です。子供用の座席をいくつ減らせば大人定員29人以下の普通に変更できるのでしょうか??? ここからは数学の問題ですね・・・うーん、久しぶりに数学の計算をしました。 答えは10席減らして39人です。計算通り座席を外して構造変更。無事に納車させて頂きました。



長期間乗らない場合のバッテリー保護について

整備情報

出張などが多いお客様にありがちなパターンですが、数か月乗らなかった為にバッテリーが上がってしまい、その都度新しいバッテリーに交換しているお客様がいらっしゃいます。 バッテリーも安くはないのでそれでは不経済極まりありません。

もし数か月乗らない事が分かっている場合はバッテリーのマイナス端子を外して下さい。通常10ミリのスパナで簡単に外すことが出来ます。 外した端子はバッテリーのマイナスの突起に触れない様にして頂ければ大丈夫です。

乗っていないのになぜバッテリーが上がってしまうかというと、車にはナビや時計などのエンジンを切っていても作動している電装品があり、微弱ながらバッテリーの電気を使っているのです。 バッテリーのマイナス端子を外せばそれらの微弱な電気は流れませんので数か月乗らなくてもバッテリーの電気は減りません。ただしナビや時計などはリセットが必要となります。



乗用車のタイヤはみ出し基準が緩くなりました

車検情報

今年規制緩和により車検不合格個所だったタイヤのはみ出しが若干ゆるくなりました。 それから初めて、ツライチか若干はみ出てるかな?位の車両が入庫したのでそのまま検査に行きました所、まんまとNGでした。 規制が緩くなったから良いんではないかと検査員に尋ねたところ、貨物と軽自動車は適用外との事。そうです。今回持ち込んだ車両は4ナンバー(貨物)だったのです・・・

事前の勉強不足でした(T_T) もう一度申し上げますが、乗用車のみです。軽と貨物は対象外ですのでご注意下さい。



ヘッドライトの光軸検査が変更されました

車検情報

平成30年6月より車検時のヘッドライト光軸検査の規定が変更されました。 平成27年よりヘッドライトの光軸検査は下目(ロービーム)での測定となりましたが、「下目での測定が困難な車」に関しては無条件で上目(ハイビーム)での測定が可能でした。

しかし今回「下目で測定が困難な車」でも、ある一定の基準を満たしていないとハイビームでの検査に移行出来なくなってしまいました。

これによりヘッドライト光軸検査で車検不合格や再検査となってしまう車両が増加する事が予想され、車検場も混み合ってしまうかと思います。 車検屋としてはうんざりしてしまいますが、これにより少しでも歩行者の安全に繋がるのであればいたしかたありません。



エアバッグのリコール未実施車は車検が受けらません

車検情報

2018年5月よりタカタ製エアバッグのリコール未実施車は車検を受けることが出来なくなりました。 ご自分のお車が対象かどうかは以下のサイトでチェックできます。

エアバッグリコール検索

もし未実施で車検の期日が近い場合は速やかにディーラーへ連絡してください。 そんなこんなでディーラーも混み合っておりすぐに対応して貰えない場合がございます。



湘南・横浜・神奈川県のおすすめ廃車 湘南・横浜・神奈川県のおすすめ車買取り 湘南のお勧め板金修理


藤沢・茅ヶ崎・平塚・鎌倉の格安車検